セブンチケット

利用案内

 

九州自然動物公園 アフリカンサファリ

アフリカンサファリのおすすめポイント

九州自然動物公園アフリカンサファリは、「人間」も「動物」も活き活きと行動できる、日本最大級の体験型サファリパークです。およそ70種、1,300頭の動物が飼育されています。約6kmのサファリロードを自家用車やジャングルバスに乗車して野生動物を観察する「動物ゾーン」と、カンガルーやモルモットなどとのふれあいを楽しめる「ふれあいゾーン」の2種類のエリアで構成されています。

■ジャングルバス

ライオンやトラ、キリンなどの野生動物に餌をあげながら移動するオリジナルの生態観察バス。周りがよく見渡せる大きな窓、その目の前に現れる動物たちの迫力が、ジャングルバスの魅力。直接餌をあげる時のドキドキ感は、子どもはもちろん大人も童心に帰って楽しめます。ジャングルバスは動物型で、種類はライオンやゾウ、トラやサイなど全11種類。どれに乗れるかはお楽しみです。

■動物ゾーン

「動物ゾーン」では野生の姿に近い動物たちをジックリと観察。①クマ・山岳動物 ②ライオン ③草食動物 ④トラ ⑤ハイエナ ⑥チーター ⑦レイヨウ という7つのセクションからなる約6kmにわたるサファリロードの旅で、動物のありのままのしぐさや表情・サファリならではの動物とのふれあいを体験できます。

■ふれあいゾーン

「ふれあいゾーン」は癒しを求める方にオススメ。①カンガルー・ふれあいの森 ②乗馬体験コーナー③リスザルの森 ④ふれあい牧場 ⑤キャットサロン ⑥ドッグサロン の6つに分かれています。中でもカンガルー・ふれあいの森は、カンガルーたちのユニークなしぐさが魅力!!カンガルーたちのほほえましい姿をいろんな角度から観察できます。

 
 
(1-2/全2件)