セブンチケット

利用案内

 

桜特集

 園内にはソメイヨシノ・ヤマザクラ・シダレザクラなど約1000本の桜が咲き乱れ、夜は幻想的にライトアップされます。空中からのお花見ができるゴンドラ「スカイシャトル」や、最高時速110kmで桜の中を駆け抜ける「バンデット」、全長180mの桜の並木道、お花見ができる聖地公園の芝生広場など、様々な楽しみ方があります。

お申込はこちら

 1853年に開園した日本最古の遊園地。樹齢約60年の一本桜が遊園地の中で咲き乱れます。園内の花やしき座では観覧無料のステージショーやイベントが開催され、花やしきのエンターテイメント集団「花やしき一座」によるステージショーはファミリー必見!

お申込はこちら

 ファミリーで楽しめる乗り物やゴーカートがあり、1日中満喫できる広大な遊園地。メイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラなど約2500本もの桜が咲き誇り、中でも一番のビュースポットは、園内東部のキャンプサイトエリア。また、テルテモモやカワヅザクラなどもあり、長期間花を楽しむことができます。開花時期には「さがみ湖桜まつり」や夜桜イルミネーションも開催されます。

お申込はこちら

 園内に約800本、周辺に約3000本の桜が咲き乱れ、春休みは多くの人で賑わう遊園地。多摩湖を見下ろす高さ62mの大観覧車や、高さ80mのジャイロタワーからも桜を楽しむことができます。また、隣接する多摩湖周辺(狭山公園)にもソメイヨシノやヤマザクラなどの桜が咲き乱れるので、周辺一体もお花見スポットとして楽しんではいかがでしょうか。

お申込はこちら

 園内の至る所にソメイヨシノ、カンヒザクラ、ヤエザクラ、ヤマザクラ、シダレザクラなど約10種・約800本の桜が植えられ、様々な春の花を見ることもできます。桜はワンパク王国ゾーンに多く、芝生広場やにじの池周辺が特に美しいので、絶好のお花見スポット間違いなし!開花時期にはさくらまつりも開催されます。

お申込はこちら

 1周1.5kmのゴーカートや、園内を1周するわくわくサイクリングなどがある、子どもたちと1日楽しめるアミューズメントパーク。桃色のベールが包むよう、園内いっぱいに約1000本のサクラが咲き広がり、毎年沢山の家族連れが花見に訪れます。とくに桜並木をくぐり抜けるゴーカートは、春ならではの楽しみ。緑の広場でお弁当を広げてのんびりとお花見もできます。

お申込はこちら

 春には梅や桜などの盆栽が、ミニチュアの世界を暖かな春色を華やかに彩ります。園内約2万本の植栽のうち99%が本物です。なかには「十月桜」という桜もあり、春と秋に花を咲かせるそう。迎賓館や東京スカイツリーの近くでも咲いているので、ミニチュアと桜のコラボレーション写真を撮るのも、一つの楽しみになるのでは。

お申込はこちら

 3月上旬頃から美しく咲き誇る「河津桜」は花が大きくピンク色が特徴的で、例年3月下旬頃まで楽しめる早咲き桜です。ほかにも、小彼岸桜、淡墨桜、緋寒桜、ウジョウシダレ、しだれ桜、八重紅シダレ、紅シダレ、シキザクラ、カンザン、ヤマザクラ、ウコン桜、センダイヤザクラ、陽光など、その種類は様々で開花の時期も異なるので、少しずついろんな桜が楽しめます。

お申込はこちら

 園内フラワーラグーンの桜はソメイヨシノよりも少し開花の遅い大島桜。だからこそラグーナテンボスでは、たくさんのチューリップと桜の共演を楽しむことができます。開花の時期には、お花のライトアップ&イルミネーションも行われ、花とアートが融合した新エンターテイメントで、心躍ること間違いなし!

お申込はこちら

 明治時代を中心に重要文化財11件を含む60件以上の歴史的建造物の背景に咲く桜は、この施設ならではの趣があり、見応えがあります。約1000本の桜が咲き誇り、例年3月下旬からは菊の世酒蔵横などのシダレザクラ、4月上旬は1丁目エリアのソメイヨシノ、上旬から中旬には呉服座から宇治山田郵便局舎付近までのヤエザクラが見頃を迎えます。

お申込はこちら

 動物園では、桜を背景にいろいろな動物の春ならではの様子をお楽しみいただけます。植物園の「桜の回廊」では、日本全国から約100種1,000本の桜を集め、里に咲く桜の風景を再現しています。例年4月中旬には黄緑色のギョイコウ、濃紅色のカンザン、4月下旬にはケンロクエンキクザクラなどがほころび、豊富な品種で何度来ても飽きないスポットです。

お申込はこちら

 170万平方メートルの広大な敷地内にソメイヨシノをはじめ、河津桜、山桜、大島桜、枝垂れ桜、里桜など約1600本が植栽されており、約1kmにもおよぶ「桜トンネル」で、ゆっくりウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。ソメイヨシノが見頃を迎える3/23(土)~4/7(日)桜まつり開催。

お申込はこちら

 伊豆高原にある観光施設・伊豆ぐらんぱる公園では、園内に城ヶ崎桜があり、城ヶ崎桜はカンヒザクラとオオシマザクラの交雑種と考えられています。花は淡紅紫色で大ぶりのとてもきれいな桜です。グランイルミでは高密度なイルミネーションに映える夜桜をお楽しみいただけます。

お申込はこちら

 ゆったりとした島時間の流れる、大人の離島リゾート初島。「アジアンガーデンR-Asia」では、普段なかなか見ることのない、何百種類もの亜熱帯の植物を目にすることができます。温暖な気候の初島は、四季を通じて色とりどりの花が咲き乱れ、熱海桜、大島桜、河津桜なども見物。ハンモックに揺られながら優雅な時間を過ごしたり、島雑貨のショッピングをしたりと、思い思いの「島時間」をお過ごしください。

お申込はこちら

 「ひらパー」の愛称で親しまれている遊園地。3月下旬~4月上旬には園内の桜約300本が満開に。
”赤いはやぶさ”こと「レッドファルコン」に乗って、満開の桜を走り抜ける感覚はまさに爽快!観覧車「スカイウォーカー」へと続く坂道にはピンク色の壮大な桜のトンネルあり、観覧車から見下ろすお花見もおすすめ。

お申込はこちら

 0歳のお子様から乗れる人気の乗り物「SLとうじょう号」のコースには桜のトンネルが♪爽やかな風に吹かれながら、和やかな気持ちで桜を味わうことができます。「わく☆わくコースター」近くや、「ゴーカートフリー」コース内にも桜の木が植えられているので、おもちゃや乗り物で遊ぶ合間に、春の陽気を感じることができ、ファミリーにおすすめのほのぼのスポットです。

お申込はこちら

 日本で初めて、時代劇の世界をオープンセットやイベント、アトラクションを通じて体験できるテーマパークとして、1975年に誕生。中央広場のしだれ桜を中心に、村内には桜のフォトスポットがいっぱい!優雅に咲き誇る桜の下で、床几(しょうぎ)に座ってお花見をしたり…一味違った楽しみ方はいかがでしょうか?

お申込はこちら

 日本三大桜「三春滝桜」の子孫木が九州初公開!全長400mの桜並木では、桜とヨーロッパの街並みがコラボレーションする、この街ならではのお花見を楽しむことができます。パレス ハウステンボス参道では、日本最多700品種のチューリップと桜のコラボレーションを初開催(期間:3/16~4/7)。さくら祭(期間:3/30~4/8)メイン会場の隣には、イルミネーションスポット「アートガーデン」があるので、ライトアップされた桜とイルミネーションに包まれ、夜桜見物をしてみてはいかがでしょうか。

お申込はこちら

 ハローキティなどサンリオキャラクターに会える屋外型テーマパーク。桜のトンネルを通るハーモニートレインは、毎年大好評!園内各所には、ソメイヨシノや陽光桜など約500本の桜が彩るお花見スポットがあり、カーニバルスクエア近くの園路にあるシダレザクラでは、ひと足はやく見頃を迎えます。可愛いキャラクターの花壇も登場し、ピクニックガーデンでは桜を眺めながら芝生でのんびりお弁当を広げることもできます。

お申込はこちら

 なだらかな高原地帯の一角にある城島高原パークには、広大な敷地全体に約2000本の桜が植えられており、園内を華やかに彩ります。高原内の「森の中の遊園地」には、絶叫アトラクションはもちろん、親子で楽しめるアトラクションもあり、遊びと桜を同時に楽しむことができるスポットです。園内への食べ物の持ち込みも可能なので、お弁当を持ってきてくつろぐ家族の姿も多く見られます。

お申込はこちら